コンドロイチンが不足するとどうなるの?

より美しく、健康に過ごすために

プロフィール

こんにちは、もといといいます。
ダイエットや美容全般に関心が
あって、僕が調べたことをシェア
してみたくて、このブログを
作りました。

僕はブログだけでなく、メルマガ
発行しています。
日々の耳寄り情報やその日に
生まれた著名人について、
一日も休まず発信しています。

現在ダイエット情報系ブログラン
キングで奮闘中です。
こちらをクリックして応援して
いただけると、筆者が喜びます。



このブログではあまり健康器具のことなどは書きたくありません。
そうした器具というのは、使い続ける、という意識がなければ、結局、ちゃんと使いこなすことが出来ませんからね。
結局、器具を買ったのに全然痩せなかった、ってことになりがちです。
そうした意味で、役立つ情報を概論みたいなものから、実践的なことまで雑多に書いていきたいと思います。
冒頭に書いた概論、食事やトレーニングの種類、質など、書きたいことは沢山あります。 ただ、大事なことは、このブログを読んでいる方はよく分かっていることだと思いますが、
実践すること、です。
そのことは忘れないで読んでくださいね?

・ランキング


Sponsored Link

コンドロイチンが不足するとどうなるの?

コンドロイチンが不足してくると、体のあちこちに
様々な症状が出てきます。

私たちが食事でとった栄養素は腸から血管に入り各細胞に
届けられますが、その間にコンドロイチンとコラーゲンの層を
通過するのです。

栄養素が通過するコンドロイチンとコラーゲンの層が固くなって
しまっていると栄養素が各細胞に行き渡らずに体の細胞が
どんどん老化してしまうのです。

細胞の老廃物も同じコンドロイチンとコラーゲンの層を通って
排出されます。したがってコンドロイチンが不足していると、
体全体の新陳代謝が悪くなるのです。

コンドロイチンが足りていないと、軟骨はその弾力性、
保水性を失い、それで関節痛を起こすことにもなるのです。

コンドロイチンは成長期は体内でも生成されているのですが、
25 歳をピークにコンドロイチンの体内生成量はだんだんと
下降していきます。
コンドロイチンの体内生成量が低下してくると老化が始まり
体のあちこちにトラブルがおこってくるのです。

コンドロイチンの不足は耳を触ってみるとわかります。
軟骨でできている外耳は本来とても柔らかいものなので、
この外耳が硬くなっていたとしたら、コンドロイチンが
不足している証拠なのです。
コンドロイチンが不足していると、関節だけでなく肌や頭皮など
全身の老化につながることになります。


日ごろから意識してコンドロイチンの不足に気付くように
チェックをし、体に不調が起きないように予防できるように
しましょう。
Sponsored Link

検索

カスタム検索

最近の記事

サブコンテンツ


  • お値打ち品一覧
    ・1,890円で小顔になれます


    ・無料で試せる美白対策


    ・格安のサプリメント

  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。