花粉症になるのは23歳から? 発症年齢は“西高東低”

より美しく、健康に過ごすために

プロフィール

こんにちは、もといといいます。
ダイエットや美容全般に関心が
あって、僕が調べたことをシェア
してみたくて、このブログを
作りました。

僕はブログだけでなく、メルマガ
発行しています。
日々の耳寄り情報やその日に
生まれた著名人について、
一日も休まず発信しています。

現在ダイエット情報系ブログラン
キングで奮闘中です。
こちらをクリックして応援して
いただけると、筆者が喜びます。



このブログではあまり健康器具のことなどは書きたくありません。
そうした器具というのは、使い続ける、という意識がなければ、結局、ちゃんと使いこなすことが出来ませんからね。
結局、器具を買ったのに全然痩せなかった、ってことになりがちです。
そうした意味で、役立つ情報を概論みたいなものから、実践的なことまで雑多に書いていきたいと思います。
冒頭に書いた概論、食事やトレーニングの種類、質など、書きたいことは沢山あります。 ただ、大事なことは、このブログを読んでいる方はよく分かっていることだと思いますが、
実践すること、です。
そのことは忘れないで読んでくださいね?

・ランキング


Sponsored Link

花粉症になるのは23歳から? 発症年齢は“西高東低”

実は僕が花粉症になったのは24,5歳のときだった気がします。
平均年齢を考えると、少し遅めだったみたいですね。

元ネタはこちら から



■花粉症と年齢の関係

 ウェザーニューズは、「花粉症」についての調査を3月に実施し、沖縄を除く全国から計15,109人(男性35%、女性65%)の回答を得た。今回の調 査では「花粉症歴は何年ですか? 」という質問と、調査協力者の年齢の平均値を求め換算したところ、平均で“23歳で花粉症になる”という分析結果が得ら れた。このことから、学生から社会人への生活習慣の変化などが起因している可能性もあると同調査は指摘している。

 また、県別で発症年齢の平均を見てみると、発症年齢が最も遅いのは「佐賀県」の28.6歳で、上位を西日本の県が占めている。また、発症年齢が最も早いのは「徳島県」の20.2歳で、それ以外の上位を東日本の県が占めるかたちとなった。

■男女で違う症状は? 

 花粉症における症状の種類についての調査では、男性と女性で“くしゃみの回数”、“鼻をかむ回数”、“目のかゆみ”などで大きな差は出なかったものの、“肌のかゆみ”と“喉の症状”で女性が男性より症状が出ていることが判明した。

 一日のうち症状がひどい時間帯については、「朝」と答えた人が25.6%で最も多く、「昼」「夕方」「夜」と続いている。一日のうち花粉は昼から夕方にかけて多く飛ぶため、飛散する時間帯よりも、外出する朝の通勤時間など個人の生活リズムが大きく影響しているようだ。

 また、花粉症の症状対策に1か月どれくらいのお金をかけるのかを聞いたところ、19歳以下の平均が1,432円、20代は1,815円、30代は 2,289円、40代は2,455円、50代は2,365円、60歳以上では2,746円と年齢が高くなるほど、花粉症対策にかける費用が高くなってい る。

【関連記事】
ウェザーニューズ、花粉の量で目の色が変わる計測ロボット500台を使った「花粉プロジェクト」始動
天気予報もiPhoneでくっきり、ウェザーニューズが無料アプリ公開
Wiiを遠隔健康指導サービスに利用する「Wii Fit からだチェックチャンネル」
花見で不況を吹っ飛ばせ! 今年お花見に行く予定の人は昨年2割増


Sponsored Link

検索

カスタム検索

最近の記事

サブコンテンツ


  • お値打ち品一覧
    ・1,890円で小顔になれます


    ・無料で試せる美白対策


    ・格安のサプリメント

  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。