まつげパーマはまつげを傷ませる

より美しく、健康に過ごすために

プロフィール

こんにちは、もといといいます。
ダイエットや美容全般に関心が
あって、僕が調べたことをシェア
してみたくて、このブログを
作りました。

僕はブログだけでなく、メルマガ
発行しています。
日々の耳寄り情報やその日に
生まれた著名人について、
一日も休まず発信しています。

現在ダイエット情報系ブログラン
キングで奮闘中です。
こちらをクリックして応援して
いただけると、筆者が喜びます。



このブログではあまり健康器具のことなどは書きたくありません。
そうした器具というのは、使い続ける、という意識がなければ、結局、ちゃんと使いこなすことが出来ませんからね。
結局、器具を買ったのに全然痩せなかった、ってことになりがちです。
そうした意味で、役立つ情報を概論みたいなものから、実践的なことまで雑多に書いていきたいと思います。
冒頭に書いた概論、食事やトレーニングの種類、質など、書きたいことは沢山あります。 ただ、大事なことは、このブログを読んでいる方はよく分かっていることだと思いますが、
実践すること、です。
そのことは忘れないで読んでくださいね?

・ランキング


Sponsored Link

まつげパーマはまつげを傷ませる

近頃は、まつげにかけるパーマやエクステがあります。まつげへの
ダメージを考えるなら、毎日のビューラーより一度のパーマの方が
いいともいわれます。

ですがパーマにしろビューラーにしろ、まつげへの負担はかかります。

それだけではなく、美容師とちがってまつげパーマの施術に特別な
資格は必要ありません。極論すれば、まつげパーマの施術には
特に資格などが必要なく、研修さえ受けたなら未経験者でも
勤まるということです。

美容師なら資格の有無で技術を計ることが出来ますが、まつげ
パーマではそうはいきません。口コミや実績などの情報を頼りに、
信頼のできるところを探しましょう。

まつげパーマを実施しているサロンの広告に他店で失敗した
まつげも修復可能というものをよく見かけます。
しかし、まつげパーマは必ずしもキレイなまつげが手に入ると
いうわけではないのです。

カールの強度が強すぎて不自然なまつげになってしまったり、
パーマ剤があわずまつげがチリチリに傷んでしまったり。
まつげにパーマのリスクも把握しておきましょう。

パーマの持ちが悪くなれば再度まつげパーマをあてることになり、
繰り返せば繰り返すほど、まつげへのダメージが進行します。
過度のケアで取り返しのつかないまつげにしてしまうより、
ナチュラルで健康的な美しいまつげを手にいれることを
オススメします。
Sponsored Link

検索

カスタム検索

最近の記事

サブコンテンツ


  • お値打ち品一覧
    ・1,890円で小顔になれます


    ・無料で試せる美白対策


    ・格安のサプリメント

  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。