化粧水の種類

より美しく、健康に過ごすために

プロフィール

こんにちは、もといといいます。
ダイエットや美容全般に関心が
あって、僕が調べたことをシェア
してみたくて、このブログを
作りました。

僕はブログだけでなく、メルマガ
発行しています。
日々の耳寄り情報やその日に
生まれた著名人について、
一日も休まず発信しています。

現在ダイエット情報系ブログラン
キングで奮闘中です。
こちらをクリックして応援して
いただけると、筆者が喜びます。



このブログではあまり健康器具のことなどは書きたくありません。
そうした器具というのは、使い続ける、という意識がなければ、結局、ちゃんと使いこなすことが出来ませんからね。
結局、器具を買ったのに全然痩せなかった、ってことになりがちです。
そうした意味で、役立つ情報を概論みたいなものから、実践的なことまで雑多に書いていきたいと思います。
冒頭に書いた概論、食事やトレーニングの種類、質など、書きたいことは沢山あります。 ただ、大事なことは、このブログを読んでいる方はよく分かっていることだと思いますが、
実践すること、です。
そのことは忘れないで読んでくださいね?

・ランキング


Sponsored Link

化粧水の種類

化粧水には大きく分けて4つの種類があります。
通常、化粧水といえば一般化粧水です。
洗顔後に使用して肌のみずみずしさを保ち、水分の蒸散を
防ぐことを目的としています。成分の8割が水で、1割の
アルコール成分と保湿のためのグリセリン、乳化剤や香料を
配合して作ります。

敏感肌対応のノンアルコールの化粧水もあります。次に
アルカリ性化粧水です。大半の化粧水は、中性もしくは、
弱酸性ですが、ごく少数でアルカリ性化粧水があります。

あかぎれ、ヒビなどに効果のある化粧品で、ベルツ水が
代表的です。グリセリンやアルコール、水酸化カリウムが
配合されています。長期間の使用によっては肌に負担が
かかり皮膚が薄くなることがあるので注意が必要です。

収斂化粧水は酸性の化粧水で、収斂剤の作用によって肌理を
整える効果があります。強い酸性化粧水の場合は小じわを
作ることがありますが、皮脂の流れを一時的に押さえて脂性肌の
改善に役立ちます。

拭き取り化粧水はフレッシュナーともいわれ、コットンなどに
含ませて皮膚を拭うように使用します。洗顔目的で使用する
こともありますし、薄化粧や使用後のコールドクリームなどを
洗い落とす目的でも使えます。拭き取り化粧水は、場所を
選ばず手軽に使えるという特長もあります。
Sponsored Link

検索

カスタム検索

最近の記事

サブコンテンツ


  • お値打ち品一覧
    ・1,890円で小顔になれます


    ・無料で試せる美白対策


    ・格安のサプリメント

  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。