髪の傷みの原因

より美しく、健康に過ごすために

プロフィール

こんにちは、もといといいます。
ダイエットや美容全般に関心が
あって、僕が調べたことをシェア
してみたくて、このブログを
作りました。

僕はブログだけでなく、メルマガ
発行しています。
日々の耳寄り情報やその日に
生まれた著名人について、
一日も休まず発信しています。

現在ダイエット情報系ブログラン
キングで奮闘中です。
こちらをクリックして応援して
いただけると、筆者が喜びます。



このブログではあまり健康器具のことなどは書きたくありません。
そうした器具というのは、使い続ける、という意識がなければ、結局、ちゃんと使いこなすことが出来ませんからね。
結局、器具を買ったのに全然痩せなかった、ってことになりがちです。
そうした意味で、役立つ情報を概論みたいなものから、実践的なことまで雑多に書いていきたいと思います。
冒頭に書いた概論、食事やトレーニングの種類、質など、書きたいことは沢山あります。 ただ、大事なことは、このブログを読んでいる方はよく分かっていることだと思いますが、
実践すること、です。
そのことは忘れないで読んでくださいね?

・ランキング


Sponsored Link

髪の傷みの原因

髪の毛が傷んでしまう訳は、いくつかが考えられます。
まずあげられるのが、シャンプー時に乱暴に洗ってしまう
ことです。髪には毛髪の内部を外側の刺激から守るため、
毛髪の表面全体をおおっているキューティクルという
部分がありますが、これは髪につやを持たせる働きをします。
このキューティクルは、摩擦には弱いという性質がある
ため、シャンプーの時など乱暴に髪を扱うとはがれてしまい、
つやを失うことになるのです。そして無理にブラッシング
することや、濡れたままの髪にブローをするのも髪が傷む
ことにつながります。激しいブラッシングの仕方も、
やはりキューティクルをはがしてしまうことになるのです。

タオルで水気をあまりきらないまま、ドライヤーなどを
かけると水気を含んだ髪は、とても痛みやすく、キューティ
クルが剥がれ落ちやすいのです。後、冷暖房に当たりすぎも、
キューティクルが剥がれ落ちます。髪が濡れたまま紫外線に
当たることもよくありません。パーマやヘアカラーも
髪にダメージを与えやすく栄養分を失いがちですので、
できる限り間隔をあけるようにしましょう。髪の痛みの
改善策としてトリートメント効果の入っているシャンプーや、
コンディショナーを使用し、髪のケアを十分行うことが
良いと思います。また、自分の手だけでなく、美容院で
定期的に専門的なトリートメントを行うようにすれば、
さらに髪は守られるでしょう。
Sponsored Link

検索

カスタム検索

最近の記事

サブコンテンツ


  • お値打ち品一覧
    ・1,890円で小顔になれます


    ・無料で試せる美白対策


    ・格安のサプリメント

  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。